2011年08月14日

8/13赤羽フロンティア(APS編)

昨日は赤羽フロンティアに行きましてはAPS練習会とR-TYPEタクティカルシューティング練習会に参加しました。長くなりそうなので、2つに分けて紹介します。


フロンティアに到着するとTAKUさん、社長、あずさん、ハロさんなどがすでに練習していました。

オイラも練習ってあれ?こんなところに蒼いガスブロが…



んで、APSとガスブロで比較する事になったわけで…

まずブルズアイ。



左がガスブロM92F改、右がAPS-1。一見、ガスブロは縦に激しく散っておりますが、これはサイティングミスをした分が5点に吹き飛ばしました。トリガーのフィーリング的には良好だったので横方向の誤差は少なめ。APS-1はトリガーやグリップなどのフィーリングになれていないのは綺麗に散りました。ちなみにMAGIさん曰わく、コンプレストエアーではないAPS-1は撃った直後にピストン特有の振動があるとのこと。う~ん、その前に10点に収まるぐらいにならないとそんな言い訳も言えないですが…。



んで次はシルエット。立射のみのテストでしたが、APS-1の弾道はAPS-3より直線に近いので、サイティングもやりやすい。ガスブロM92Fはどこにあわせれば1発で仕留められるのかわからなかったのですが、ハロさんがやったらバシバシと倒し『いいですね~』との感想。ようは腕ですか…。



最後にプレート。プレートの攻略法を教わり、足の位置や立ち位置に注意しながらやってみたら…
APS-1は11枚、M92Fでは9枚という結果に。ガスブロだと軽すぎて安定しませんが、サイティングに時間がかけられますが、APS-1だとその逆。 う~ん、使う銃によって扱い方も変える必要がありますね。  » 続きを読む


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 16:57Comments(0)遠征