2011年09月06日

タクティカルとはなんぞや?

赤羽でAPS-1を撃つためにPPSに参戦したあと、猫増倉様とふぁーむ教官より目をつけられてしまい、『タクティカルシューティングスクール』に半ばノリで参加される羽目に…。



ふぁーむ教官からグリップの握り方やフォームを教えてもらっては撃ち込み、撃ったあとは必ず銃を胸の前に待機して周囲を確認して銃をホルスターに収めることも叩き込まれました…。

ぶっちゃけ練習して思ったのが、グリップとフォームの大切さを身にしみました。グリップがしっかり握れていれば、まっすぐ突き出したときにはサイトがまっすぐになって安定していたので、あとはトリガーを引けば当たったので。まあターゲットまでの距離が短いのもありますがね…。
あとはタクティカルリロードの方法も教わりましたが、ブキッチョなオイラはなかなかスムーズにできませんでしたが、家に帰ってから繰り返していたら慣れました。次回はもっとスムーズにできればなぁ…。




以下、フォト



ニーリングポジション
座る時もすぐ立てるような体勢で撃ってます。




スパイン
寝ている時にドローする際は銃のある足を一度よけてから引き抜く必要がありますね。こうした状況もあるのでホルスターの位置は考えられていますね。  » 続きを読む


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 03:05Comments(4)タクトレ