2011年12月20日

赤羽射撃王

タクさんの歪んd…否、興味本位からAPS銃とガスブロで戦うことになってしまった。

18日の日曜日、赤羽フロンティアに集合した参加者達はAPSの練習をしました。しかし奇妙な練習をしていました…。

・ガスブロでプレートを撃つ際は、スピード競技でやるようなハンズアップスタート。ただし、両手保持可。

・APS銃でシルエットスタンディングをする際は、片手のみ。

などなどの特別ルールがつけられた今回のマッチ。オイラはM92F改で参戦。スパルタンブルー…否、マルイの固定ホップがいかに優秀かを見せつけることができるか…。



まずはシルエット。
もちろん撃つ順番はいつもと一緒。

スタンディング
8m×→8m○→9m○→10m×→10m○

プローン
8m○→9m○→10m×→10m○→7m×

あわせて30点。
そこ、変態言うな。


次にブルズアイ



ガスブロは両手保持可。撃ち終わった後、弾痕は点数外含め9発しかありません…否、1発が雲隠れしてしまいました…。探してみたらXの中にもう一つありました。
精度は文句無し、人間が弾が出るまで我慢できずにズレたか、そもそもサイトの見方がズレたため、3回も右に振ってしまって撃沈…。あと上に1発あるのはフライヤー。これには全俺が泣いた…。(ちなみに使った弾はG&G製0.25g)
結果は81-3X


その次はプレート。
ガスブロはハンズアップスタートの両手保持可。ちなみにダブルアクションで撃ちました。

撃ち順は左スタート
上段○○○○×
中段×○○○○
下段○○×○×

ダブルアクションなんで慎重に引いて1発、1発確実に撃ちました。まあまあの記録かと…。結果は44点  » 続きを読む


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 11:31Comments(0)精密シューティング