2012年01月27日

マルイM92Fを弄くろう後編

最近、妄想癖がさらに強くなった『かぢや』です。夢では実力プラスアルファな記録が出ると思い込んでしまう。昨年は結構上手くいっちゃったマッチも多かったですから、余計に妄想してしまう。いよいよ頭の中がフルーティーになってしまったみたいです…。



さて、今回のマルイM92Fを弄くろうは、左手でダブルアクションを撃つための加工と、シングルアクションの引っかかり部分を短くする加工を紹介します。



まずはダブルアクションの改良…えっ、左手で撃たないから加工はイラネ、つか誰特?まあまあそんな事を言わんで聞いて下さいな。
そもそも左でダブルアクションが撃てないのを簡単に説明すると、トリガーを引く時に左右に動く遊びがあるんですが、それがトリガーバーに影響して、左で引いた時と右で引いた時にハンマーが落ちる角度が変わってしまいます。それ自体は問題無いですが、マルイM92Fだと、ハンマーがある一定の角度でバルブノッカーが引っ込む方式のため、左手・または変な引き方をするとある角度に達する前にハンマーが落ちるので、手を入れなければなりません。
解決方法はいくらでもありますが、内部のある部品でバルブノッカーが早めに引っ込むように加工しちゃいます。ぶっちゃけミスっても、部品代は200円で済みますので…。(爆


まずはアンダーユニットを出し、小さいバネを外してから固定しているネジを外すとフレームが開きます。



んで、四角いような形をしたのがノッカーロックプレートです。ハンマーと連動して下がり、ある角度になるとバルブピンが引っ込むようにしているパーツです。



赤丸の角を少し削るとバルブノッカーが早めに引っ込むようになり、青丸の部分を下に削ると逆に引っ込むのが遅れます。上手く行けば、ガスカットも可能ですが、下手をすればハンマーが起きなくなるのでやりすぎにはご注意。
後は戻せばおしまいです。  » 続きを読む


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 10:20Comments(0)謎カスタム