2014年08月06日

【グロックよりも】M&P【左にやさしい】

マ・グロ「M&Pが出たか、しかし私のほうが優秀だ。奴はシアのかかっている区間が長いし、余計なセーフティーがあるし、トリガーがしなるように感じるからな。」
マル・ベレ「大変だ!M&Pのマガジンキャッチは交換できるそうだ!」

マグロ「な、なんだって!」


どうもかぢやです。今日は左利きにちょっとうれしい話をします。まず初めにマガジンを見てください。


このM&Pマガジンを見るとさりげなく左右に溝がありますね。この溝はマガジンキャッチに引っかかる溝ですが、通常は片方だけしか使いません。市販された状態では、写真の左側の溝を使いますが、なぜか右側にもあります。一体なぜでしょう・・・

ってことで、マガジンキャッチの交換に乗り出しますが、交換には工具は必要ありません。なんと両手があればできる加工らしいのです。
え、出来るか心配?



さて、作業前に音楽でもかけて気分をリラックスしようか?

さあ、はたしてできるかな?




初めにスライドをとって、グリップの中をのぞくとこのようになっています。中央に見えるばねがマガジンキャッチを止めているものです。


これに曲がっている方にちからを加えて外に出しますと・・・


このようにずれます。あとはばねを引き上げてやればマガジンキャッチはフリーになります。


この状態でマガジンキャッチを押すと・・・


外れますね。

でもはずしただけでは撃てませんので、逆につけてみましょう。さっきの逆なので、特に説明もしません。






で・・・


できたにゃー!!

これで、マガジンキャッチが交換できました。実際に使ってみると、マガジンがうまく入らないことがありますが、多少調整すればすんなり入るでしょう。



M&P「これで私は完璧だな(キリッ」
マ・グロ「は?いまパーツないやん。マウントどないすんねんw」
M&P「はっ!!」

M&Pがレースガンになるのは当分先のようですね・・・。  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 01:04Comments(2)謎カスタム