2014年10月10日

【JWCS参戦】JWCSをアイアンサイトで撃つ【日曜日編】

どうも、かぢやです。
前回投稿からちょいと日が空いてしまいましたが、JWCSに参戦した話をしていきますよ。

台風の接近で薄暗いなかで行われた第二回JWCS3日目にタクティカルガンとバックアップガンで出ました。
タクティカルガンはKJのG19



バックアップガンはマルゼンのPPK/Sで出ました。



ほとんど適当に選んだガンですが、これらを選んだことで大きな違いがあったことを思い知ることになります。

今回撃ったJWCSは幅こそそれほどないのですが、最大6mでだいたい10cm程度のものを撃ちます。そのため、サイトの見易さよりもサイトの細かさのほうを重視しないと遠い的で思ったように射撃できないことがあります。しかし細かいサイトですと狙う時間がかかってしまうという問題が発生してしまいます。最終的には好みの問題となりますが、狙いやすさを重点に置いたサイトを利用しましょう。といっても、社外で出ているサイトはあまりないですが・・・。ちなみにダットの大きさも同じことが言えますね。

んで、それぞれの結果を見ると的が近く早く撃てるところは大き目のサイトが乗っているKJのG19が、狙って撃つコースはPPK/Sが撃ちやすく感じました。マルイのグロック系トリガーフィーリングだとガク引きが発生してしまい、遠距離の的がうまく当てられないという問題がありましたが、その点PPK/SのトリガーフィーリングはタナカがつくったS&W系のトリガーと似た感じで、ダブルアクション・シングルアクション両方軽く撃てる感じで遠距離で外すことがすくなかったです。もちろんダブルアクションのあるPPK/Sですと初弾が少し時間がかかるのですが、もともとマルイのM9A1などで撃ちこんでいたこともあるので、そんなに苦と感じませんでした。

構造的にマガジンに負圧バルブがついているPPK/Sは切り替え動作こそ機敏ですが、生ガスに弱く、すばやいドローで生ガスが吹いてしまうと切換え弁も一緒に大ダメージを食らい最悪はマガジンを交換する必要があります。しかもマガジンの個体差も出やすくなる構造で撃ち味がかわるので、調子のよいマガジンだけで参加するのがいいと思います。トリガー・サイト類はいいのにこれはちょいと残念・・・。

まあこんな戯言を書いていますが、トラブルやらなんやらでどちらも100秒を切れず終了していますが(爆
一番大切なのはやっぱり練習ですねw



ベネット「口だけは達者なトーシローですな。全くお笑いだw」



かぢや「野郎ぶっ殺してや・・・」
ボカッ!ボキッ!!






















???「話があるんだが、連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れてる」
スチュワーデス「・・・」  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 02:07Comments(0)ざ、ざれごと?