2015年08月10日

【マルイ】マガジン修理【M92F】

どうも、かぢやです。
先週の土曜日はバレットフィールドにてサバゲーをしておりました。その日はチームメンバーのスエさんが参加して楽しいサバゲーでしたが、スエさんがまあうまいところにいるわけで、かなりのゲーム数は彼からのプレゼントを受けてしまいました。あまりにも撃たれまくっているから最初頭の中に発信機が付いているのかと思いましたよw


だからこうやって鼻の穴からこうやって探して・・・ってあるわけないか。


カモ「ミ゛ーミ゛!ミ゛ミ゛ミ゛ーミ゛ー!」(ねーだろ!いい加減にしろよ!)


ボコ!ゴキャ!バキィ!


あとマルイのショットガンで私のボールが吹っ飛ばされそうになったときは冷や汗もので、被弾箇所が1センチずれたらと思うと・・・ぞっとしてしまいますね。まあ、当たっても痛いだけで済むとは思いますが、そこだけは勘弁してくれ・・・。

まあ散々被弾もしましたが、相手の死角から撃てたりするとサバゲーって本当に楽しいですね。



さて、今日はとある所からマガジンの修理を依頼されたので、そのマガジン修理について日記にしたいと思います。


このマガジンは普通にガスが入るんですが、ガスが入りすぎてしまい、またカラカラと音がするとのことでしたので、持ち帰って修理することにしました。音がするということはマガジン内にあった何かが外れたんでしょう。


ピンポンチの3mmを使って、ハンマーで叩いてピンを抜きます。


ピンを2本抜くとマガジン下部が抜けます。そして元凶が現れます・・・。


真鍮の筒が抜けたため、カラカラと音をしていたのですね。


この真鍮の筒の外側下部に瞬間接着剤を数的垂らしておいてから・・・


この場所に突っ込んでおきます。
詳しい説明をすると長くてわかりづらい文章になってしまいますので説明を省きますが、気化スペースがなくなるほど液体ガスが入るようになってしまいます。またこの筒を長くすると気化スペースがより多く確保できますが、ガス欠になるのも早くなるので、特殊事情がないとき以外はそのまま戻したほうがいいでしょう。


元に戻す時に万力があればいいですが、無い場合は3mmのピンポンチと同じ太さの物を突っ込んでから、逆側からピンを叩いて入れると多少楽に入れられますのでおすすめです。まあ、ベストなサイズのOリングがあればこんな苦労をしなくてもすむのですが・・・。

ってことでマガジンを修理したので、これを立川のG.AREAに返して行くか。  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 18:36Comments(1)マルイM92F損傷箇所

2015年08月05日

【バレット】ちょっとしたゲームをやってみたが・・・【フィールド】

どうも、かぢやです。
数日前にサバゲーを楽しみましたが、その時は店員とタイマンしかしていなかったので他の客と一緒に遊びたくなり、昨日またバレットフィールドへ遊びに行きました。しかし経験の差が出てしまい、ふるぼっこされてしまいました。



いえへ かえるんた゛な。 
おまえにも かえるいえ か゛あるた゛ろ・・・




このままではちょっとまずいと思ったので、お客がいなくなったところでちょっとしたゲームをやってみました。



缶詰の缶を暗闇のコースに5個おいておき、これらを5分以内に撃つゲームをやってみたのですが、これがなかなか難しいです。
最初は『余裕で1分以内に片付けますよ!HAHAHA!』なんて大口を叩いていましたが、草木の影と同化してしまったり、暗闇に隠れてしまったりした缶がどうしても発見できず、結局一度もクリアすることなく終わりました。草木や暗闇に隠れて見つけられないのもありますが、先入観や思い込みによって、見えるはずのものを見ていないこともあったりするわけで、そういったものも学べるのでいいゲームだと思います。事実、暗闇からの奇襲や予想と違うところから撃たれることが何度もあるたった、そういった思い込みにとらわれないようにしたいものですね。また撃ち合いをしないので、撃ち合いが怖いって人の入門にもなるんじゃないかとも思えますし、サバゲーをやる前に感覚を慣らすってのも必要だと思えます。後は音に敏感になればインドアフィールドはかなり勝てるんではないでしょうか・・・。

ちなみにこの後にやった店員とのタイマン戦でボロ負けしました。(核爆





しんの サハ゛ケ゛ーマー へのみちは
また゛とおい・・・
しゅき゛ょう あるのみ!!
  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 15:38Comments(0)サバゲー

2015年08月02日

【インドア】バレットフィールド八王子BASEにいってきた【サバゲー】

どうもお久しぶりです。かぢやです。
最近とあることをやっていたため、ここ1ヶ月間シューティングを練習ができませんでした。というか、遠出すること自体なくなったのでやや引きこもりの状態に戻りつつあります。近場のシューティングバーに遊びに行っているので辛うじてエアガンの趣味から離れずに続けてはいられますが、目標がない日々を過ごしているせいか、シューティングへの情熱が消滅しつつある状態です。

そんな空虚感満点の日々を過ごしていた私の耳に、8月から新しいインドアサバゲーフィールドができるというので、遊びに行きました。


その名もバレットフィールド八王子BASE



↑相変わらずまともな写真がないな(爆

八王子北口から徒歩3分程度の場所にできたサバゲーフィールドですが、運営はまさかのアドアーズ。アドアーズというと、ゲームセンター関連が強いイメージがあったのですが、そのゲームセンターだった所を一部綺麗にして、作ったのが今回のフィールドなのです。同じ会社が違うことを始めるにあたって、ちょっとした期待と圧倒的な不安が入り乱れておりましたが、店員もサバゲーに慣れた人が多かったので、そういった心配事はありませんでした。またボッチゲーマーでも店員さんがお相手してくれるので、一人だけでも楽しめます。もちろん他のお客さんとの撃ちあいも楽しめるはずですが、オープン日の7時台は完全に花火見物の人が多く、ボッチプレーとなったわけです・・・。(汗
ちなみに店員の一人はなんとBlueTargetの常連さんだった一人でSwendy's主催のRun&Gunにも遊びに来ていただいた人でもあったので、いろいろなお話もしましたが、サバゲーからややズレた話となるので(略

フィールドの大きさ的には10m×18m程度とのことなので、少しばかり狭いかと思いますが、全面バリケードがはりめぐらされているので、クリアリングの必要性があるフィールドになっています。ただし足元や隙間から影や足が見えてしまうバリケードが主なので、移動する必要が多くなるので、戦況が膠着するような事態があまりないのはいいですね。広さ的にはそんなにいても同士撃ちが多くなるので少人数(3対3程度)でやったほうが楽しめるかもしれませんね。むしろサシで勝負するにはちょうどいいフィールドかもしれません。
また中2階みたいな場所がないのも初心者にとってはありがたいですね。戦略の幅が少ないというと面白くなさそうですが、確認する場所が少ないってこと攻めやすいことにつながるので、攻める楽しみを覚えたいアタッカーなんかはここで腕を磨くのもいいのではないでしょうか。

あとはこの広さですとP90などのPDWやマシンピストル系統が一番いいかもしれませんが、ハンドガンでも十分に戦えます。逆に長物を持ち出すと取り回しの問題でスムーズに移動しにくいかもしれませんね。

狭いとはいえ十分に遊べるフィールドですし、冷暖房もあるので気候に左右されずに楽しめるインドアフィールドってのもいいですね。近いうちにまたそこでサバゲーしに行こうっと。


































おまけ



手袋を着けなかった奴はこうなっちゃうから気を付けよう!
  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 15:21Comments(1)サバゲー