2018年06月14日

【M9A1】リアサイト破損【イった】

どうも、かぢやです。
久々にカート式のハンドガンを引っ張り出して撃ってみましたが、抜弾抵抗が高すぎるせいで、かなりの率で不発が多い・・・。とりあえず、知り合いのシューターのブログからネタを拝借して、ガラスチューブを購入したのですが、サイズ違いを購入してしまいました。(爆
なんでもそうですが、ポイントを抑えて注意しないと、しょうもないミスを連発してしまいますので、皆様もご注意ください。

さて、先日はベレッタを撃っていましたが、フロントサイトを大きくしたM9A1のリアサイトがぶっ飛びました。



ちなみに今回で2度目なので、さすがに慌てませんでしたが、やっぱり狙いをつけるところですので、結構神経を使いました。
ボアサイターで目安を出しながらリアサイトを調整して付け直しましたが、付け焼刃の修理では当然誤差レベルのズレはあるものです。不安があったのですが、そのままシューティングした結果、銃を信頼して撃つことはできなかったです。こんな時のためにバックアップガンを用意しておけばよかったな・・・。まあ、試合ではないからいいのですが(笑

ちなみにバックアップガンは同じM9A1ですが、集光サイト仕様で明るいと見やすいですけど、薄暗いところでは全くの無力なので、あまり持って行ってはいません。ただ今回の件でやはりバックアップは必要と感じましたので、今度からなるべく持っていくようにします。



ちなみにリアサイトに白いホワイトドットが2か所空いていますが、あれも結構もろい部分です。くりぬいた後にホワイトドットをいれているので、ちょっと力を加えるとかけてしまったりします。なので、ホワイトドットに接着剤を流し込んで補強しておいた方が変な力で壊れたりすることが少なくなるので、なるべく補強したほうがいいと思われます。

そういえば、新しいM9シリーズがもうすぐ発売と聞いていましたが、情報を整理したら、なんと来月に延期したとのこと。



マジかよ・・・。  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 09:02Comments(0)ざ、ざれごと?