スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年01月26日

【今年は】トリガーチューンとホルスターの紹介【XDM】

どうも、かぢやです。この間XDMの作動テストをしたんですが、時々右方向にそれていく弾があったり、まっすぐ飛んだりしており、かなりのへそ曲がりっぷりを発揮していました。これでトリガーチューンの異常があったら物理的な方法でバラバラにしてやりたかったのですが、そこは問題なく動作したので、JSCなどはこれを使っていこうと思います。

さて今回は前回紹介しなかったトリガーチューンの方法とホルスターを紹介します。
まずはトリガーチューンから。



トリガーの溝が二つあり、下段はトリガーロックで使う溝、上部はトリガーを引くときにお世話になる部分です。上部の溝がインナーシャーシの溝にあたるため、ある程度の角度で止まるようになっています。ということでインナーシャーシの傷がついている部分に板を張り付けると短いトリガーとなります。もちろんトリガーセーフティーを動作するためには、グロックと同じようにセーフティー部分の調整が必要です。やり方はグロックとほぼ同じなので、ここでは書きません。(トリガーのピンはトリガーバー側を下にして、ピンポンチを使用して引き抜いてください)
そして、これをすると弊害も発生します。



これがインナーユニットで、赤い点がシアの位置です。さりげなく金色のものが挟まっていますがそれは見なかったことにしてください。
この状態ではグリップセーフティーの金具がトリガーバーを押し下げるので撃てません。普通に撃つにはグリップセーフティーを握ればいいのですが、この赤い点の左側(射手側)を溝を適度に埋めてとシアの引っ掛かりが短くなる加工をするとシアが前に移動し、トリガーバーがグリップセーフティーとシアの間に入るのでグリップセーフティーを握らなくても撃てるようになります。こちらの対策はグリップセーフティーを止めているねじを少し緩め、トリガーバーを押し下げる方向に調整すればいいです。ただし、最近のロッドはひし形に溝があるため、角度調整が困難かもしれません。

最後にホルスターをどーん!




パチものゴーストタイプスピードホルスターのグロック用を弄って、XDM用にしてみました。グロックとトリガーガードの幅が大体一緒なのですが、そのままだとグリップ側からおちるため、銃口部をいれるようタイプにしています。あとはトリガーガードの厚みの関係で、裏板を貼って、トリガーガードの厚みに合わせて内側に貼り付けています。これでがたつきも防止しておいています。ホルスターはいつ何時も同じポイントに銃がないと使いづらいですからね。

ここまでやったんなら、XDMでそれなりの成績を出したいですね。










おまけ

この間これをやっていますた。
クイック&クラッシュ






ナムコから出たクイック&クラッシュです。コップが割れる演出は素晴らしいです。よかったら見てください。  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 23:12Comments(2)ショッキングカスタム