スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年10月01日

【XDMは】マルイM9A1のちょこっとしたカスタム【また入院w】

どうも、かぢやです。
今日はXDMの軽量ブリーチを入れ替えて、再度調整をしました。
しかし、数発撃った後にフルオートで動作。そして・・・



ハンマーが折れてしまい再度入院する羽目になりました。(核爆
この部分の予備パーツを持っておらず、途方に暮れる私。JWCSすら出場できずに終了するわが身を呪いました・・・。


































ってことで、すっかり存在を忘れていた2号機でJWCSに挑む予定です。


さて今日は久しぶりにこれの紹介をします。



マルイM9A1です。幾分前にカスタムしたものなのですが、たまにPMCなどのプレート系マッチで使っており、気に入っている1丁です。
前のM92Fは設計が古く、ハンマー連動のノッカーロックプレートがありましたので、冷えた時の動作が怪しかったものですが、強力なエンジンを搭載して、ノッカーを引っ込めるタイミングも後発機種と同じようになったため、非常によくできた機種となっています。

シリンダーと内部ハンマーを組み合わせたせいで致命的な問題が起きたシリンダー自爆装置機能つきのXDMやM&Pと違い、こちらは動作上の欠陥は少ないものです。M92Fのマガジンをそのまま使えると思えない圧倒的な作動性に加え、ダブルアクションの引きやすさもあり、そのままでもなかなか使える機種となっています。まあ、いちばん気に入っているのは・・・


クック「値段だ」


メイトリクス「(KSCのM9を持ちながら)ふざけやがって!」ドドドドド!

一見完成されている機種と思われますが、ダブルアクションは左手で撃つとたまにセーフティーコックで止まることがありますし、バレルが若干下向きについてしまっているので、これらの対策を紹介します。


まずはバレルの下向き対策はこちらの方法をとりました。



マーキングした部分はスライドリリースレバーパーツと当たる部分で、この部分に多少接着剤を盛っておき、バレルを上向きにしてみました。



この方法をとれば根本からがっちりと固定できるので、バレルががたつく心配もありません。難点なのはスライドリリースレバーを戻す際にちょいと固く感じることぐらいかと。


次に左手でダブルアクションを撃つ際に起きる不都合ですが、こちらはセーフティーコックとトリガーバーをいじりました。



セーフティーコックを短くすれば左でDAを撃った際に引っかかることが少なくなるので、有効な対策です。ただこれだけですと、打撃不足になることもあるので、トリガーバーもいじりました。



フレームにあたっている部分をきれいに削ることによって、より深くトリガーバーが入り、DA時のハンマーの打撃を強くすることができます。これらをやると利き手を選ばずに使えるようになりますので、PMCプレートを撃っても安心ですね。


まあ、本当に心配ならM9ではなくグロックやハイキャパを持っていくと思いますが・・・。(汗  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 22:45Comments(2)謎カスタム