2014年12月31日

【今年も】年末のあいさつ【ありがとう】

どうも、かぢやです。
今年もシューティングやサバゲーでお世話になりました。2014年もあとわずかですね。
思えばシリコンの型取りなどのチャレンジで技術的には大躍進の一年でした。一方のシューティングは成長があまり感じなかったり、JSCでの参加漏れなどがあって、そういった関連で少々シューティングを楽しむ時間が減ってしまったのが残念です。とはいってもJWSCなどのマッチが増えてきたので、万が一溢れても別の受け皿で拾ってくれるようになるほど、数多くのマッチがあってほしいですね。

シューティングやサバゲーをやっている人がいるからこそマッチが成り立ち、マッチを支える人がいるからこそシューターは全力を出しきれる。双方がよりよい関係であることを願って、来年もいい年にしましょう。


カモ「ミーミミー!(泣」(来年もよろしくね!)

また来年、元気に会いましょう!さよならぁ!!
































リラックマ「絶対俺たちのこと忘れているよな・・・」
しょぼーん「そうだね・・・」  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 22:52Comments(0)ざ、ざれごと?

2014年12月25日

【クリスマス】12月25日の記事【クソスマス】

どうも、かぢやです。
今年もこのイベントがやってきてしまいました。そう、クリスマスです。
子供の頃はクリスマスを純粋に祝いましたが、年を重ねていくごとに祝う気分が失せてきます。いや、休日でもない限り普通の日と一緒ですからね。まあ休日にしたところで、また米軍の戦略かなと考えてしまうのですがw


↑よし、文句言ってるクソブログ主にクリスマスプレゼントを与えてやる。ほれ。


どーん!!


そんな、クリスマスなんてクソスマスだぜなんて人におすすめなのが、サタンクロース。
【ニコニコ動画】ゆっくり映画レビュークリスマスSP:「サタンクロース」
ちょうどニコニコ動画にもレビューが登場しましたね。男一人むなしく見る映画としては最高です。リア充やどうしようもないクソガキがサンタ・・・ではなくサタンが成敗していく痛快ブラックコメディー作品です。いやー、全く最高ですな。HAHAHA!

あと数分で地獄のクソスマスが終わりますが、皆さまはよいクリスマスをお楽しみください。


カモノハシ「ミ゛ーミ゛、ミ゛ーミ゛!」(ケーキ、ケーキ!)

うるさい、お前はう〇い棒でも食ってろ!

カモ「ミ゛ー(怒」


↑うぉー・・・・

カモ「「ミ゛ーミ゛ーミ゛ミ゛ミ゛!」(地獄に落ちろカヂット)  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 23:52Comments(0)ざ、ざれごと?

2014年12月23日

【年最後の】横浜PCMでPMC参戦【大会】

どうもかぢやです。
最近動画や写真を撮ることすらめんどくさくなりました。特に動画に関しては作る気力が全くなく、面白くないからもういいやって感じになってしまいます。まあ、自分が面白いと思ってもそんなに面白く感じない人のほうが多いでしょうがね・・・。





先週の日曜日に行われたPMCに出場してきました。

この日は筋肉痛のせいか、少し足が上がらずやや足腰の安定感が欠けていまして、オープン・タック共にフリースタイルを2枚外しました。そして今日は終わったと勝手に決めつけていました。



しかし、開き直ってアンビ(片手)はいつもよりも当たったため、通りの枚数で終了することができましたw


↑フーン

いつもフリーで撃てて、アンビで崩壊するのが私の傾向でしたが、今回撃った感じではアンビで枚数を撃てるようになったので、そこまで酷い数字にはなりませんでした。そもそもタクティカルで88枚は自己ベストを更新したので、これはこれでよしとしておきます。とは言っても連続的中があまりにも悪く早々に気軽に撃っていたので、そのおかげでアンビの記録が良くなったのだと思います。そう考えると最初から最後まで外さずに当てること考えると、本当に一枚一枚が積み重なってどんどん重く感じるマッチです・・・。(汗
そんな重荷に耐えて、2名が満射を出しました。一人は当日KJ WORKS社のCZ P-09で挑まれたヒラノ名人、そして新名人となった黒いサウスポー、オザワ新名人です。

以前私がラインジャッジ中をやっていた時のことを思い出しますが、後ろの席で記録をとっているにいるだけなのに満射へのプレッシャーが伝わってきます。この空気の重さを耐えるだけの精神力がないと満射は出ません。ましてや、現在の満射はより厳しいロック方式を取っているため、ロックの恐怖とも戦わなくてはなりません。かといって急げばあらぬ方向に弾は飛び出します。PMCは入り口こそすんなり行けますが、出口の見えない洞窟のようなイメージです。足元を固めて、見る先をライトで照らして着実に歩かなければ、出口を見た時は傷だらけになるでしょう。心身ともに万全の状態で挑まない限り、満射は出ないものと思えます。

まあ、そんな洞窟入り口でずっこけた私がこんなこといっても説得力がありませんが、『ここがしっかりできた』という自信は大切にもっておいた方がいいです。後々その自信が記録を超えるために必要なことなので・・・。



  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 01:09Comments(2)スピード

2014年12月22日

【3年ぶりの】今年最初で最後のサバゲー【戦い】

どうも、かぢやです。
サバゲーなんてここ数年行ってなかったのですが、バトンで知り合った人から『サバゲー、一緒に行きませんか?』と誘われたことがキッカケで、先週の土曜日に久々のサバゲーに行くことにしました。



その知り合いの車で乗っていった先はストーンピット高崎。このフィールドはバリケードが各所に点在しますが、そのバリケードの隙間から様子をうかがったり、弾が抜けないようにネットが張っているシューティングレンジ側からの裏取りなどもあるので、迂闊に前へ出ると隙間からプラスチックの弾をプレゼントしてくれるフィールドです。
そのため最初はとこからか飛んで来た弾がヒットして全くわからないまま退場するという無様な戦いをしていましたが、各バリケードの隙間と言う隙間から敵を伺い、弾が通る穴を見つけては数発撃ち込んで一方的に撃てる状況で戦える状態を作ってから挑みました。ストレートに言うと後方で芋っていたということになりますが。(滝汗
本日一緒にやらせていただいたチームの人たちは、セーフティーエリアではではマガジンを入れずにガンラックへ立てたり、交戦エリア内の空撃ち場でチェンバー内の弾抜きをしてセーフティーを掛けて出るといったことをされており、非常に関心していました。前はこういったことがなされておらず、危うく事故になりそうになったこともあるので、こういった心がけをしているということは危険な状態を知っていて、エアガンの安全管理ができている証拠でもあります。こういった人たちがシューティングに足を入れても、銃口管理などのルールにも適応して自然にやってくれるでしょう。

シューティングは的に向かって一人で撃つのが多いですが、サバゲーは相手も撃ち返してくるので、慣れていない人は恐怖に感じます。もちろん今は法規制のおかげで痛い思いをあまりしなくて済みますが、それでも私はいまだに撃たれる恐怖で足が進まないことが多いです。そこのところが無ければ機敏に動けるかもしれませんが、なかなかそうは上手く行かないですね。そうはいってもカッティングパイをせずに突入したり、バリケードから帽子だけ出して撃たれたりしているので、前に出てもロクな活躍をしませんがね。(笑
でもシューティングをやったおかげで、あまり無駄撃ちしないでヒットをとれるようになったのはうれしいですね。ちゃんとバリケードを使って撃てば露出も減りますし、移動しながら射撃をしていれば、相手の頭を抑えて移動することができますからね。そういった動きができるようになったことで、サバゲーもうまくなったのかな・・・と思います。

まあ、そんなこんなでサバゲーを堪能した後、高崎駅まで送ってもらい、駅弁を買って新幹線で帰ったのですが、その駅弁を食べたのが翌朝でした。(核爆
その翌日の日曜日についての話はまた明日にでも書きます。  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 11:44Comments(3)サバゲー

2014年12月18日

【とりあえず】近況報告【更新】

どうも、かぢやです。
最近ピポと聞いて、こんなものを思い出しました。



これはOverBloodというゲームに出てくるロボットで名前はピポと呼ばれる『ヒロイン』である。主人公を最後まで助けてくれるすごいロボットで、機械のくせに妙に愛くるしい動きが特徴。家にもこんな忠犬ロボットほしいですね。そうすれば毎日家で昼寝をしていられるのに・・・。




この間の日曜日はBlueTargetにいってあれこれ楽しみました。個人的には銃が動かない当たらないなどのトラブルがあったので少し楽しめなかった部分がありますが、次回は万全な状態で出たいですね。やっぱり電動の長物を使うしかないかな・・・。

ここ数日、サバゲーとPMC(プレートマスターズチャンピオンシップ)の準備を並行して行っていますが、そんな時に緑色のガンがあまりの寒さで給弾不調に陥ったり、PMC用のM9A1がホップ不調になったりして、ここ数日分解整備をしておりました。特にM9A1のホップパッキンは酷く、2~3回無水エタノールで掃除をしてやっときれいになったほど。サバゲーとかやらない銃でもインナーバレル周りは掃除しとかないと、マッチの時に裏切られる恐れがありますので注意しましょう。そして、掃除したら必ずホップを調整することもお忘れなく。
一方のサバゲー用銃は20m程度でホップとゼロインを済ませてそのまんま。撃たないので壊れる心配も少ないのですが、こちらは天気が心配ですね。

しかしまあサバゲーなんていつ以来だろうか。ちゃんとできるかな?  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 08:38Comments(3)ざ、ざれごと?

2014年12月10日

【近況も】Swendy'sマッチの宣伝【報告】

どうも、かぢやです。
先週の日曜日に行われたWingCupで5m下部のターゲットで2回とも外してしまい、いつも通りのグダグダシューティングをしてましたw
こんなグダグダシューティングをしていたら、来年からのアンリミテッドに出場できなくなりそうですね・・。



カモノハシ「ミ゛ーミ゛ミ゛ーw」
え、始まってすらいないし使っている銃を含めてゴミだから出るんじゃねーよって?本当のことを言うなよ・・・カモちゃんよ・・・。



確かに人があふれかえってしまっては、本来出てくる素晴らしい腕の持ち主たちができなくなってしまいます。当日さばける人数も限られていますので、人気が出てきた大会はこうやって予選会を開いて、人数に制限を掛けるのがいいのかもしれません。そうすると、腕のない人は出れなくなってしまいますし、そもそも人数の集まらない地方の大会がないところになると、シューティング自体が困難になってしまいます。



そんな中、シューティングレンジBlueTargetで撃っているチーム『Swendy's』が新しいシューティングを始めました。

2ガンマッチ Run&Gun

好きな銃で出れるマッチが減少する中、このような手軽なマッチを企画してくださって本当にSwendy'sの面々には頭が下がります。もちろん、2ガンマッチなので長物も必要ですが、長物とハンドガンを使って少し走るのでサバゲーの練習にもいいかもしれません。私もテストに参加したのですが、いっぱい撃ててちょいと動くので撃ち終わったときはスッキリした気分にさせてくれるコースで撃っていて気持ちよく感じました。
レンタルの件は細かく知らないのですが、詳しいことはリンク先を確認してください。まあ、店にレンタルガンもあるのでその点は問題ないと思います。(汗
プレマッチは12月14日に行いますので、ぜひ来てくださいね。

































俺もなんかやろうかな・・・。
  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 20:38Comments(3)お・し・ら・せ♪

2014年12月06日

【電動ガン】修理したつもりが・・・【苦手(汗】

どうも、かぢやです。
最近はよく当たる・よく動くエアガンが増えました。東京マルイを筆頭に各社が作る際に手間と時間をかけてくれたおかげで、箱出しでまともに使えるエアガンが増えたと思えます。しかも、現在は台湾勢もなかなかの仕事をしており、中華とは全く違う安心感があります。なお、業界をリードしていたマルイですが、現在銀ダンの不具合を筆頭にまるで一世紀前に逆戻りのm(殴



んで、私の持っている電動ガンは現在一丁だけでICSのM4のみですが、これが分解整備がしやすい分割式のメカボックスで何かと便利なんです。しかもちょっと乱暴に使っても壊れにくく、精度も素晴らしいものであります。


ICS最高ー!!

しかし、電動ガンは接点していないと全く動きません。目で見られる部分が少ないため断線トラブルが起きた場合、原因をつかむまで非常に時間がかかってしまいがちです。しかも電動ガンをあまり理解しない私は、知識の浅さゆえ故障の原因を特定することはおろか、二重にトラブルを発生してしまうことが多く、俺バカだなーと思える失態をしでかしています。今回はそんなバカな話をします。

ICSの電動ガンに新しいスプリングとべベルギアの入れる作業をしている際、べベルギアとピニオンギアとの相性が悪いため戻して試運転したら、モーターが動くときと動かないときがありました。その際にスイッチ部を疑ったのですが、あろうことかスイッチ部を全分解した際に金具を外そうとしたら壊してしまう大失態を犯しました。(爆
んで、スイッチを入れたら今度モーターの回転が弱くなってしまいました。モーター位置も疑ったのですがこれも原因が分からず仕舞い。結局少しふて寝した後にモーターを外したら、モーターの端子が折れていたことを知ってようやく交換。無駄に一日を使ってしまったわけである。モーターの不調と接点不良の原因はこの端子だけが原因だったのでした・・・。(核爆






まあ突っ込むところはいくらでもあるかと思いますが、手元にテスターでも用意していればこんなに時間をかけることもなかったはずですし、何回も外して付け直しているモーター端子(板型)が折れてしまって、入れるたびに調子が違うなんてことに気づいたはずなのに・・・なんとも情けない話ですね。まさか整備していく都度、どんどん部品を悪化していくという部分があるので、この部分を変える人が多い理由もよく分かった気がします。

まあ、これで調子よく動けるようになったので、サバゲーに使えるように調整したいと思います。





















・・・え?サバゲーなんていくのかと?ちょいと誘われたので20日に行ってこようと思っています。21日にプレートマスターズチャンピオンシップがあるのですが、日が悪いとは言ってられません。20日も21日も楽しんでいこうと思います。  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 23:47Comments(0)ざ、ざれごと?

2014年12月04日

【組み立ては】インナーは固定するべし【しっかりと】

どうも、かぢやです。



冒頭の写真は某社製のコンプと某社から出ているダットサイトを付けたのですが、この二社は評判以上に仲が悪いようです。
コンプについているレール部の溝が浅く、またダットサイトについてくるマウントリングのねじも深い位置にあるため、そのままでは付きませんでした。そのままではつかないので新たにマウントベースを購入することになったのです・・・。
本体もダットもコンプもすべて中古で入手したからどこにも文句も言えませんが・・・



どっちが悪いわけではないのですが、規格というものがある以上こんなことが起きないはずですが、残念に感じてしまいます。

今回の話はこういった規格を守っても出てくるインナーバレルのガタツキについての話です。


最近仲間内でマルイのガスブロにつけた○○のインナーが当たらないとの話があって、組み付け方を聞いたら特にそのまま入れただけ。


どうしたらいいんでしょう?と聞かれて返した言葉が・・・

















※上の画像と発言はフィクションです。
外道な一言を発した後、ボコられたのは言うまでもありません。(笑

でもまあ、インナーバレルの組み方を間違えてしまうとその命中精度がガタ落ちしますので、この部分の組み付けは慎重に行うことようにしてください。ガタをとらないと命中率ガタ落ちしますよ・・・(寒



そもそも、インナーバレルは若干の誤差があったりします。ノーマル状態の場合はその誤差が少ないですが、カスタムバレルを入れた際は外形が若干あっていないものもあるため、ねじを締めてもガタガタだったりします。このような誤差は様々な理由で発生しますが、このような商品をいれた場合でも正しく当たるように調整してやる必要が出てくるわけです。その調整をしたくない人やそのような誤差を許せない人はカスタムバレルなんぞ買わずにノーマルを使ったほうがいいでしょう。カスタムバレルを入れたって驚くほど命中するようになるわけではないので。

さて、固定方法の紹介・・・と言っても簡単です。基本的にチャンバーユニットとインナーバレルの遊びを減らすだけです。



ノーマルバレルなどのホップバレルの場合はこのようにインナーバレルとチャンバーユニットの間にテーピングをして、ユニットとインナーバレルの隙間を埋めるようにしましょう。これだけでもだいぶ違います。でもチャンバーカバーが閉まらないほど巻きつけると、アウターバレルと干渉しますので、遊びを抑える程度に留めておきましょう。



はみけつの場合はチャンバーカバーをグリップ側か銃口側にチャンバーカバーを回して、ギリギリで入るように調整するだけでかなりよく当たります。同じようにテーピングをしてがたつきを抑えるのも構わないのですが、チャンバーカバーをグリップ側にぎりぎりまで回したほうが、弾の保持位置から考えるとおすすめです。

これでこのチャンバーユニットとインナー間のがたつきは抑えられましたが、チャンバーユニットとフレームのがたつきがある場合はそれも減らしたほうがいいでしょう。これに関しては機種ごとに解決策が違いますので、各人でググって調べてください。

銃が当たらなきゃダットもカスタムも全く生かせません。インナーのがたつきを抑えて、当てまくって楽しいシューティングをしましょう!

































なお、当たらなくても人や物のせいにしてガタガタいうのはやめましょうw



カモノハシ「ミ゛、ミ゛ーミ゛ミ゛ー!」(おい、最初と言ってること違うじゃないかよ!)
そんな文句言うなって・・・おいおいこっち向けて撃つな!!

ドン!(×5
  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 10:01Comments(6)謎カスタム

2014年12月01日

【気を付けよう】ブルタゲJWCSポスタル参戦【甘い持ち方使い方】

どうも、かぢやです。
子供のころは普通に遊んでいたのに、大人になると恐怖を感じることがたまにあります。事情が分からない子供の内は無邪気に遊んでいられることはある意味幸せなのかも。初代スターフォックスにこんなステージがあります。



ポリゴンの紙が折りたたまれて紙飛行機になって襲って来たり、スロットゲームをやったりするステージです。しかし、この面が終わることはないという狂気(凶器)のステージ。そうとも知らずに30分このステージで粘ってもクリアできなかったので諦めたのですが、この動画を見て寒気を覚えました。終わることのない単調なゲームとは拷問に等しいものかもしれない・・・。





今日はJWCSのポスタルマッチに参加するため、ブルーターゲットに行きました。



ポスタルマッチとは各会場で同条件のマッチを開催して、それを集計することで全国的なタイムを競うというもの。会場によっては環境の違いこそありますが、人数を一か所に集めることが難しいマッチでも集計データを集めることによって全国ランキングが出るので、ゲームのインターネットランキングのように順位がわかるのがいいですね。

んで開催前にI先生からピリッとする一言をいただいたのですが、自分たちのガンハンドリングが果たしてちゃんとできているか、改めて考えておくいい機会ですので、自分ももう一度ガンコントロールに気をつけていこうと思います。先日ブログに書いたこととかなり矛盾することを言いっていますが、最低限相手を怪我しない・させないためのマナーやルールは心構えておかないと、自分たちの趣味が楽しめなくなることもあるので・・・。(汗




今回のJWCSポスタルマッチにはオープンガンクラスで出ましたが、その日使ったオープンガンは数日前まで給弾不良に悩まされていたXDMでした。ピストンカップに関連するねじ穴がずれていたため、新しいブリーチを作り直してそのままでましたが、お陰様で無事に撃ち終えました。
JWCSやJSC、アンリミは練習以上のことを本番でやっても極端に早くなるわけではないので、自分の処理能力を超えない程度に撃っていくように自重して撃つようにしています。自分の長所と短所を合わせて考えて、それなりに早く撃てるようにコースごとに撃ち順と狙う時間を組み立てて中盤戦までは無難に撃てました。しかし、真に強いシューターとはいつもの撃ち方やマージンを取ったシューティングができるだけではありません。
真に強いシューターとは追い込まれてもなお攻め続ける力強さがあり、同時に自分の能力をギリギリまで引き出す力を持ち合わせています。逆境の中、自分の限界を極限まで高めたI先生の最終ステージのシュートは堂々たるものでした。これを見た素人シューターの私は顔面蒼白、ケツも顔も真っ青な状態で最終ステージを開始。墓穴をどんどん掘り進んだように沈んでしまったため、合計秒数も84.44という本戦より4秒も落としたタイムとなりました。



まあ少なくとも、いい加減に撃っているうちはどんなにいい道具を使っても当たりません。自分に厳しくが出来なければ正しくターゲットに当てることはもちろん、その一連の動作でいい加減に撃っていることがまるわかりになるので、その道具を使うときぐらいは扱いを気を付けておかねばならないと改めて感じる日となりました。  


Posted by かぢや@ただのばかぢゃん  at 01:27Comments(0)スピード